2015年のご報告と新年のご挨拶

 日頃何かと筆不精、連絡不精でということもあり、年の初めのご挨拶の機会に、1年のご報告を手紙でさせて頂いています。ブログを御覧のみなさんにも、新年のご挨拶をさせていただきます。

***

◯玄冬1~2月・春3~5月
 2015年はお声かけ頂き、国内外で話をする機会が例年より多かったように思います。一月には福島県で寺子屋方丈舎が企画をされた「ふくしまのこれからカレッジ」に参加しました。この集まりは、フリースクールというよりは、若者支援に携わっておられる方達が多く、福島の方々を始め、すでに出会っていてもよかった東京の方たちとも知り合うことが出来ました。二月には大阪のCORE+の素敵なスペース(コミュニティスペースco-arc)で世界のオルタナティブエデュケーションについて話しました。この話を聞いて下さったことから三月には伊那市で世界と日本のオルタナティブ教育について話すことになりました。大阪で開かれたオルタナティブ教育実践研究交流集会は熱気のあるもので、関西一円のオルタナティブ教育に関係する人たちが来られていました。自分にとって切実なことを深く掘り下げていくシューレ大学の「自分研究」に関心を持って下さる方がとても多く、嬉しい驚きでした。
 今年のIDEC(International Democratic Education Conference)はニュージーランド南島にある風光明媚な小都市ネルソン市で開催されました。参加人数は小規模な大会ではありましたが、先住民のマオリの文化を尊重した大会でした。大会会場に行く前に、古くから付き合いのあるフリースクール、タマリキスクールに寄って行きました。タマリキスクールは2011年に大震災があった都市クライストチャーチにあります。今も街中には地震の傷跡があちこちに見受けられ、復興に時間がかかっていることがよくわかりました。前の代表のパット・エドワーズさんともお会いすることが出来ました。脳梗塞でご不自由がありながらも、文学に関心を持って過ごされていました。ご自身の受けた教育を振り返り自分で決めることが出来なかった教育は良くなかったときっぱり言われていたことが印象的でした。大会では多様法について話しました。世界の各地から集まった参加者たちがほぼ一通り参加してくれました。会場一杯の人々は日本では中学生一人当たり約100万円の教育予算が使われているという説明に、「それはいい間違いではないか、日本のような豊かな国の教育支出がそんなに少ないはずが無い」などという反応もあれば、「学習指導要領に拠らない教育が認められるのは当たり前だが、国がホームエデュケーションを含めフリースクール等に公金の支出をするとなれば画期的だ。是非、実現して他の国でも公費支出をする手がかりにできるようにして欲しい」などというようなことも言われました。
“2015年のご報告と新年のご挨拶” の続きを読む

コアプラスの「じぶん研究会」にゲスト参加します

コアプラスの研究会の「じぶん研究会」に、ゲストのひとりとして参加します。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
Educator’s Lab.
じぶん研究会 ♯合宿ver
2016.1.30(sat) – 31(sun)
https://www.facebook.com/events/437525659755928/
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 コアプラスのEducators Lab.の研究会の1つ「じぶん研究会」。
今回は「自分から始まる研究」の中で自分の生き方を創るNPOのオルタナティブ大学・シューレ大学のOBOGでつくられた企業「創造集団440Hz」の方々をお招きして行うスペシャルバージョンです!

新宿にあるシューレ大学は、自分がどう生きたいかを考え、それをどうすれば実現していくことができるかを人との繋がりの中で探していく、そんな大学です。440Hzのみなさんは、「じぶんから始まる生き方の体現」を目指して活動をされています。

合宿ではまずシューレ大学での自分研究の実践を通して、自分と向き合いながら自分らしく生きていくことについて考えます。自分研究についてより深く知り、実際に一緒にやってみるとこで、帰ったあとの一人ひとりの日常が過ごしやすく、生きやすくなるはずです。
レクリエーションや対話を通して互いに安心できる関係や場を作りながら、じっくりと時間をかけてじぶんを見つめる時間をみんなで生み出したいと思います。

シューレ大学
創造集団440Hz

《じぶん研究会の紹介》
 ふだんの子どもたちとの関わりや、仕事、暮らし、いろいろなところで「生きる」わたしたち。自分の中でなんとなく壁に感じていることや、繰り返しつまづいてしまうこと、「ずっと付き合ってきた性格だけど、たまにちょっと困ってしまう」そんな自分と出会うときがあります。
 しずかに自分の心と対話をしながら、いろんな人とも対話をしながら、自分の個性・特性、考え方やその背景などを考えて、深めていく。これまであまり言葉にできなかった自分の気持ちを見つけたり、少し生きやすくなったり、子ども・学習者・同僚など、周囲の人と関わりやすくなる、そんな時間をみんなでつくりたい、という企画です。よーく知っている人どうしでも、この会で初めて会う人も、みんなで優しく話し合える場にしたいと思っています。
 いつもどこでも子どもたちのことを考えている先生も、「だれかのため」ばかり思って疲れてしまうあなたも、「本当はこうしたい」という思いの通りに振る舞えない自分が嫌になっちゃうあなたも、ひといきついて、いろんな視点のなかでじぶんと向き合ってみませんか?
ふらっとご参加、お待ちしています。

*こんな人におすすめ!*
教育や学びや子どもたちと関わる仕事をしている人や、しようとしている人
【日時】
2016年1月30日(土)〜 1月31日(日)※12:00 JR高槻駅改札前集合
◇第2回:2016年2月7日(日)13:00〜16:00
◇第3回:2016年2月11日(木・祝)13:00〜16:00

【プログラム】
◆アイスブレイク:そーっと心を開いてみるワークで、場と心をあったかくしましょう。
◆当事者研究について知る(シューレ大学スタッフ朝倉景樹さんのお話)
◆シューレ大学の取り組み紹介(創造集団440Hz長井岳さん、山本菜々子さんより)
◆じぶんが深めたいテーマを決めて、深めるワーク
◆「気になるじぶん」を深める対話
【参加費】7000円(夕食・朝食費・宿泊費込み)
【定員】10名
【場所】コアプラス 高槻の家(仮)
    JR高槻駅からバスで20分
    ※当日は高槻駅から車で送迎あり。
【お申込み方法】facebookページで「参加」表明⇒ https://www.facebook.com/events/437525659755928/
        もしくはメールにて参加申込。(contact@coreplus.info
【主催】一般社団法人コアプラス

自由に向けてのメタモルフォセス

『ミンドゥルレ』2007年 5・6月号に寄稿した文章です。

『ミンドゥルレ』は韓国における脱学校、オルタナティブ教育に関する情報を発信している雑誌です

***

自由に向けてのメタモルフォセス

 人が自由になっていくということは、なんとダイナミックなことなのだろうと思う。元来、メタモルフォセスは生き物が自らその姿を変えることを指す生物学の言葉だ。ヤゴからトンボになったり、おたまじゃくしが蛙になったりすることを意味する。メタモルフォセスという語を使うのは、成長するという側面を示唆したいからではない。この変化が、体の内側から変わる大きな変化だということを表したいと思ったからだ。トンボや蛙は、メタモルフォセスで実に呼吸の仕方まで変えているのだ。さらに、自由に向けてのメタモルフォセスがダイナミックに感じられるのは、この変化がその生命体だけにとどまるのでなく、自分の周り、つまり社会へも働きかけていくような変化であるからだろう。
“自由に向けてのメタモルフォセス” の続きを読む