カンタベリー地震と東日本大震災 ”Two Big Earthquakes in NZ and Japan”

2月22日はニュージーランドのカンタベリー地震から5周年でした。そして、3月11日は東日本大震災から5周年になります。去年の春にIDEC国際デモクラティック教育大会に参加する折にカンタベリーに行き地元のフリースクール・タマリキスクールの代表のダイさんの家に厄介になりながら、タマリキや地域の人たちが地震とそれからの月日をどのように過ごしてこられてきたのかを聞きました。タマリキスクールには地震で出来た亀裂の後があり、建物の一部が使えないまま残っていました。また、震災住宅ができるまで仮設住宅に住めなくなり、タマリキの建物に一時的に住んでいるスタッフもいました。カンタベリー州の中心都市クライストチャーチは中心部にも地震の傷跡が随所に残り、タマリキスクールのスタッフの一人は、見るとつらくなるから町の中心にはなるべく行かないようにしていると話してくれました。カンタベリー州でも震災の傷跡は今もなお大きいのだということをつくづく感じました。
5年が経ち、ダイさんとカンタベリー地震についてメールを交わしました。ダイさんは、東日本大震災についても心を痛めて下さっていて、赤道の南と北で距離は遠いのですが、思いを馳せてくれる人がいることで、僕の心も温かくなる気持ちがしました。シューレ大学では福島・須賀川と宮城・石巻とささやかながらずっと繋がってきました。石巻・立浜では痛んできている仮設住宅に相変わらず住まざるを得ない状況があり、これからは漁業再開のためにした借金の返済が始まるなど苦労が増える話も聞いています。被害を受けた地域ではそんな大変な状況が今も続いています。その中には風評被害や、支援の減少などの現実もあり、3月11日を複雑な心境で迎えるように思います。

22nd February is the day of the earthquake of Christchurch Earthquake. Five years has passed since the day. I exchanged mails with Di who is Director of Tamariki School which is one of the oldest democratic schools in New Zealand. Last spring I visited Christchurch and stayed at her house. I listened to her and her colleagues’ experience. At the campus of Tamariki School, there is still crack of the earthquake and some parts of school building was not in use because of the damage of the earthquake. At the city centre of Christchurch, there were so many damaged palaces. One of the staff of Tamariki told me he won’t visit city centre because he don’t want to see such damages. Christchurch Earth quake still hurts the city and people. Di thinks about the people who have hard time because of East Japan Earth Quake occurred on 11th March five years ago.
Shure University has concerned to Fukushima and fishers village damaged by the tsunami since then. Still many of them live in sheltered houses which has many broken parts. Fishermen bought their equipment and they have to pay back the debt since this year. Its another burden for them. Unfortunately the support from the society is decreasing. I have very complicated feeling and thoughts just before 11th March.

"Listening to a ficherman's experience who lives in shelter house"
仮設に住む漁師さんの話を伺う。”Listening to a ficherman’s experience who lives in shelter house”
"Cathedral in Christchurch"
クライストチャーチの被災した大聖堂。”Cathedral in Christchurch”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA